ソプラノ歌手 岩見真佐子 Official Blog

ソプラノ歌手・岩見真佐子の日々の活動の様子、出演情報などをお知らせいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2017年春 第1章


2007年3月17日 、恩師E.Haefliger先生が天に召されてから
10年目の春を迎えました。

様々な学びの中にあって歌手としての基盤を作る時期に、
世界へとこの道を開き見せて下さり、亡くなる一週間前までウィーンのご自宅で
レッスンを受けておりました。
数日後には故郷のスイスに行くと仰っていらした先生と、
楽しんでいらして下さいね、と
笑顔でご挨拶して日本に戻ってすぐの訃報に、
深い哀悼の意を捧げた春でした。



2年に一度のソロリサイタルを迎えるにあたり、
今回が10年目の追悼の意味合いを持つ事はわかっていましたので、
用意している三つのプログラムのどれにしようか、と、
前年ウィーンのご自宅のレッスン室のバルコニーを見上げながら
考えておりました。
いよいよ、今日決めないと!!というその日に、
大分から連絡が来たのでした。

この絶妙なタイミングとご縁に何らかの意味合いも感じられ、
何年にも渡って重ねてきた音楽の学びが、この様な形でこのタイミングで現実になる。
バッハとドヴォルザークの準備に入りました。
Masako










スポンサーサイト

演奏会の記録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2017春 第3章 | ホーム | 王子ホール2017 プロローグ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。